シューターズは「丁」ダーリンNWRで募集

ドン·パーソンズ

ドン·パーソンズ

JN「ディン」ダーリン国立野生生物保護区で利用可能な被写体の富を使用すると、専門家から撮影することを学ぶことをお勧めします。 あなたがそれをする計画を持っているなら、私たちは、あなたがの部屋予約を示唆しているウエストウィンドイン 5月、6月か7月中に。 私たちは、ドン·パーソンズは5月、6月と7月に半日の撮影のワークショップを提供している「ターポンベイ探検区、に最も近いサニベルのビーチリゾートである。

各ワークショップはクローズアップ画像を取得するための最良の品質の写真、露出の考慮、照明、マクロ機器の選択、及び技術のための基本的なカメラの設定をカバーします。 パーソンズのクローズアップ撮影によると、カメラで誰でも利用可能で、今日の技術では、それは高価である必要はありません。

最初のワークショップは、セッションが誰でも13歳以上のために利用可能である6月16日と7月20日以降のワークショップで、5月18日です。 しかし、30人の最大値は、各ワークショップに収容することができる。 必要とされる場所を、予約するには、239-472-8900を呼び出します。 料金は参加者ごとに40ドルです。

3時間のワークショップは、デジタル一眼カメラ用に設計されていますが、パーソンズは、そのポイント&シュートカメラは、多くの場合、近接撮影に必要な能力を持っていると感じている。 あなたがサインアップする場合は、地面に接近して撮影するときにひざまずくする能力、外部フラッシュ、三脚、タオルやパッドの多くが付いているカメラ、余分なカメラの電池、デジタル記憶媒体を持参することを計画し、必要のあるマクロレンズやあなたが持つかもしれフィルタ。 また、あなたはウエストウィンドインのビーチ、鯉の池や蝶の庭上の被写体を撮影するために学ぶものを使用することができます。

:でタグ付け
で掲示されるお知らせ